MENU


「天宝会」とは


由来

「天宝会」は文亨進様がフルーツバスケットにつけてくださった名前です。
亨進様はFBコリアに「フルーツバスケットという名は英語圏から見るとよくない意味もあるので変えたらいいですね」とおっしゃられたので「是非、新しい名前を命名していただけますか」とお願いしましたところ、このたび揮毫をしてくださいました。

日本では「テンポウカイ」、韓国では「チョン(天)ボ(宝)フェ(会)」と呼びます。天の宝物として真の愛で包んでくださった、文亨進様・李妍雅様ご夫妻の深い心情にあふれた言葉をいただき本当に感謝いたします。

亨進様ご夫妻をFBコリアの第四回総会にお迎えしてメッセージをいただきました。こちらにみ言を掲載しています。


意味 (文亨進様・李妍雅様のみ言より)

◎神様は私達各自に対して特別な計画があります。それは人生の祝福と連結されています。しかし、残念な事にそれを悟れない場合があります。多くの人々は人生に対するありがたみを知りません。それで、愛する人々に傷を与えたりもします。

◎特に天宝会の子供達を見る時、私達の人生の尊さを振り返る事ができます。当然だと思っていた事に対して感謝できる心を学びます。そんな貴重な悟りを与えるのは誰でもできる事ではありません。

◎皆さんの子供達は他の人に対して天の宝石を発見させる様にします。皆さんは天の宝石に侍るのです。それで「天宝会」という名前をつける事になりました。

◎母親の立場で健康でない子供を毎日面倒見るのは、難しいし大変だと思います。しかし皆さんの子女達は、とても特別な能力を持っています。皆さんがそれを悟れないとしてもそれは事実です。なぜなら、神様はすでに能力を下さったからです。

◎天宝会の子供達は家族と周りの人に、人生に対して感謝できる心を持たせるでしょう。特に、兄弟達はもっと成熟した心を持つでしょう。勿論、否定的な観点で人生が不公平だと考えることもできます。しかし、私達はもっと肯定的な心を選択することができます。

◎私達に与えられた生と命が当然ではないと言う事を悟らなければなりません。私もヨンジン兄さんの昇華を通してそれを発見できたので、宗教の道を行く様になりました。私の人生が変わったのです。

◎そんな意味で天宝会の子供達は、特別なメッセージを伝える牧師だと思います。牧師の使命は人生の尊さを知らせる事です。事実、どんな牧師もこの使命を簡単に成就できません。人生の尊さを悟らせるというのは、創造主の神様を証す ることです。天宝会の子供達は、人々に天の宝を発見させます。言い換えれば、見えない牧会をしているのです。

◎健康じゃない(障害児)子供達を見ながら、決してその子供達が永遠にそのように生きるとは思いません。神様が天宝 会の子供達に下さった特別な意味が地上だけでなく、天上でも輝くことでしょう。



天 宝 会
本ホームページの記載内容について無断掲載を禁じます。すべての著作権はフルーツバスケット又は原著作者に帰属します。
This website and all images are protected by (C) Copyright 2009, Tenpokai.
ホーム サイトマップ このサイトについて